iPhoneを活用して

c0008243_20434287.jpg
iPhoneを購入してからiPodとして機能を活用したり、外出時のナビとして活用したり色々重宝しています。Android携帯も確かに気になりますが、iPhoneにはまだまだ活用の可能性が広がりますね。どんな活用ができるのか、amazon.comで「iPhone情報整理術」なる本を購入してみました。

まず前々から気になっていた「evernote」はiPhoneにインストールしました。PC版は以前からアカウント(無料)を持っていたのですが、活用方法がイマイチ思い浮かびませんでした。iPhoneを持つことで、evernoteの活用範囲は大きく広がります。
大事なのは思いつくこと・記憶記録に残したい事、とにかくiPhoneからevernoteに登録する事です。登録方法は大きく3つ。

・テキストで文書として情報を残す
・iPhoneのカメラで写真として情報を残す
・アイディアが浮かんだ時、声を録音して情報を残す

後で使うか分からない情報でも、とにかく貯める事が重要かと思います。一通り情報が集まればPCでevernoteを立上げ、タグ別に情報を分類します。そうする事で後々、情報が活用できるようになると言う訳です。例えば、バスの時刻表とか普段利用しないものでも後々の事を考えてタグ別に分類しておきましょう。
従来の情報を残す行為としてはメモが一般敵でしたが、iPhoneではカメラが付いていますから時刻表などを写真に納めるだけでOKです。またふと思いついたアイディアは自分の声で録音するのも良いでしょう。カメラの起動や音声録音はevernoteから行えるのでiPhone上で機能の切り替えをする必要もありません。

続いて導入したアプリは「Good Reader」です。大容量のPDFファイルがiPhone上でサクサク読めます。最近のPCやモバイル機器の取扱説明書はPDFでも公開されている事が多いですよね。取扱説明書を最初に一気読する人は多くないと思いますが、私もその一人です。そんな人はiPhoneにPDFとしてダウンロードしておきましょう。
iPhone本体にダウンロードする方法としては色々ありますが、面白いのは同一ネットワーク上にあるPCからiPhoneのIPアドレスを指定して直接ダウンロードできる点です。これは少々感動しました。有料アプリですが、本日¥115で購入しました。(金額と機能のバランスから言えば神アプリ)

まだまだ活用できていない私ですがもっと勉強して活用範囲を広げて行きます!
[PR]

by pc_fan1 | 2010-01-31 21:20 | パソコン環境  

<< bloggie MHS-PM5... モバイルHDスナップカメラ”b... >>