Google Chrome と LastPassをインストール

ブラウザはIEを主に使用してますが若干”もたつき”を感じている事からGoogle Chrome4を導入します。
せっかく新しい環境を導入する訳ですからアドオン機能にも凝りたいですね。
最近はクラウドサービスが充実しており、私も色々なサービスを利用しています。exciteブログもその一つでしょうね。そこで困るのがパスワードの管理です。任意に選べる場合には全て同一のID/Passに統一すれば良いのでしょうが、サービスからの情報漏洩の心配やIDが任意で選べない(例えば、携帯電話の番号など)など、個別に設定する事が多い。メモで残しておく事も解決策の一つでしょうが最終パスワードを一つ覚えておき、そこから個々のサービスにログインできれば大変便利です。少し前にはキーボードに指紋認識装置を備えてサービスへの認証を行うモノもありましたが、出費が必要であり暫く躊躇していました。( センサーの光が目に入って眩しいなどの弊害も気になっていました )
c0008243_1235466.gif
LastPassはChromeの拡張機能から簡単にアドオンできます。( 基本は無料 )
ユーザー登録し、最終パスワードを決定します。
c0008243_126975.gif
アドオンが完了するとアドレスバーの右横にアイコンが表示されます。( 赤マーク )
これで設定は完了です。あとはサービスサイトに移動しユーザーIDやパスワードを入力するとLastPassが情報を読み込み、登録要否の確認が行われます。( 2度と訪問しないサイトなら登録しなければOK )
c0008243_12114547.gif
注記など必要な情報を登録する確認画面が表示されますので、必要に応じて登録しましょう。

これで一度訪れたサイトに移動するとLastPassがIDやPassを自動で埋め込んでくれます。どうでしょうか?大変便利ですよね。
この情報はローカルPCに保存されている訳ではなく、サーバー側で管理されていますから他のPCからでもLsstPassを導入しておけば情報が共有できるので便利ですね。

ここで心配なのはアカウント情報がサービス提供者のサーバー側に集中管理される事です。一見便利なサービスですが便利とは危険性と表裏一体であると言わざる得ません。このサービスの運用実績はこれから自己責任で評価して行く必要があると考えています。当面はオンラインバンクやクレジットカードの情報は今まで通りの管理を行いたいと思います。
c0008243_12235923.gif
登録した情報はサーバー側のサービスで変更や削除が可能です。登録した後に「あのサイトのPassって何だっけ」と困った場合には参照もできますので安心ですね。
[PR]

by pc_fan1 | 2010-02-03 12:26 | パソコン環境  

<< bloggie MHS-PM5... bloggie MHS-PM5... >>