OMEGA スピードマスター届きました

本日、Amazon.comから商品届きました。
c0008243_0114074.jpg

ドキドキ..早速開封してみます。

中身は分厚い解説書とケース、そして会員カード?のようなものが入っています。これ保証書なんでしょうか?よく分かりませんが大事なものなんでしょうね。並行輸入品ですから正規店でのサポートは無いようです。2年保証内で故障した場合には輸入代理店での対応となります。
c0008243_0213733.jpg

ではでは、ご対面です。
わぁお!美しい。この輝きを何時までも残しておきたいものですが、腕時計は身につけるものです。私の生涯を共に歩んでくれた結果、時計にキズが刻まれることは仕方ありません。時計に残された痕跡は私の人生の痕跡でもありますから、気にせず普段から身につけて行きましょう。
c0008243_0273442.jpg

ズッシリと重い感覚が手首に伝わってきます。機械式の時計ですからクオーツ時計と違い、時計本体がかなり分厚い。この中にある職人が磨き上げ、組み立てた歯車の数々が息吹きを秒針・短針・長針に送り込んでいる。強い衝撃を与えてしまうと壊れてしまう繊細な部品1つ1つに愛着を感じてきました。

この繊細さが機械式の時計の魅力と言っても過言はないでしょう。時計への愛着を極めるなら自動巻ではなく、手動巻が良いかもしれませんね。ただし、初心者の私では竜頭を必要以上に巻き上げたりしてゼンマイを壊しかねません。初心者には自動巻が安心です。ちなみに、スピードマスター プロフェッショナルは手動巻が基本となります。
プロフェッショナルと言えば、子供の頃テレビで観たウルトラセブンのウルトラ警備隊が隊からの支給品として身につけていました。文字盤が真っ黒で一見するとシンプルな時計ですがもの凄くカッコイイ!!あの時計のデザインは今でも残っていて新品で買えちゃうんです。(ムーブメントは恐らく進化していると思います)風防もサファイアガラスではなく、強化プラスチックってところが昔ながらを貫く頑固さを感じますね。もっと年を重ねて時間を贅沢に使える頃にスピードマスター プロフェッショナルを手に入れたいと思っています。

話を元に戻して、時計の時間を合わせたいと思います。ではでは、取扱説明書を見て...と..。うぉ!なんと説明書はブーブメント(キャリバー)の種類で解説されています。なんと不親切と言うか、オメガの所有者なら自分の時計キャリバー位知っとけよって事でしょうか?頑固と言うか、所有者を選ぶと言うか...まぁ、この辺は若干男心をくすぐりますからおっけー。
[PR]

by pc_fan1 | 2010-03-06 01:06 | 今日、感じたこと  

<< 自作参号機の夢 OMEGA スピードマスターを... >>