VAIO type Tが届きました!

c0008243_19413995.jpgようやく届きました。ソニースタイルで申し込んでから1ケ月、待ち遠しい時間が延々と続きましたが、この瞬間が一番楽しいですね。黒の箱にシルバーで「sony style」と書かれた独特なデザインの箱が手元に届くと誰もがワクワクするんじゃないですか?箱を開けるのが勿体なくて、しばらく眺めていました(笑)。それでは、ゆっくりと開けてみます。

大きな輸送用箱のわりに中のtype Tはコンパクトな外箱です。緩衝材が容積の大半を占めていますね。今回のVAIOはメモリー等の仕様を選択できる「選べるTUNE」で注文したので、間違いないか念のため確認しておきます。色、メモリー、CPU 等.......大丈夫、問題ないです。それじゃー、外箱を開けて中身を取り出します。「おおお!?」シ・シ・シンプルですね!?相変わらず初心者には優しくないうすっぺらなマニュアルが1冊と補助資料が数枚。続いてバッテリー、ACアダプター、そして本体。たったこれだけです。c0008243_2024263.jpgなんと、リカバリー用のCD-ROMさえ入っていません。これこそソニーの姿勢(戦略?・文化?・おごり?)ですね。私は昔からソニー製品を愛用していますが、XXXの利用ガイドとかのマニュアル類が極端に少ないと思っています。「HDレコーダー すご録」、「DVDシアターシステム」、「ネットワーク ウォークマン」、VAIOに到っては3台目ですが2色刷りの難解なマニュアルが1冊か2冊程度....。サブ機でメビウスを持っていますが、シャープのマニュアルはご丁寧にインターネットとかメールの使い方までマニュアルで解説していますよ。ソニーさん、販売が伸び悩んでいるようですが、金利1%キャンペーンなんてやるより初心者に優しい製品パッケージに力を入れた方がいいと思います。VAIOは敷居が高いんじゃないですか(例えばメモリー交換も難しい方ですよね?)。と思うものの、製品自体に独自性があるから私のように買ってしまう人がいるんでしょうね。以前にもアップしましたが、液晶の壊れたVAIOをジャンク品としてオークションに出品した際、高額で落札された時はさすがにVAIOブランドの底力を感じました。やっぱり好きですソニーさん、VAIO。

セットアップは10分程度で終わりましたが、リカバリーDISKを自分で作ります。リカバリーユーティリティがあるので、これを使って自分で作らないといけないようです(やっぱ初心者には優しくない)。その時、ふと気づきました。「あっ!このVAIOはモバイル用途だからDVD-R/RWじゃなく、CD-R/RW仕様にしたんだ!」一体、何枚いるんだよぉ.......とほほ。

続きは後日アップします。
[PR]

by pc_fan1 | 2005-04-13 20:33 | パソコン環境  

<< ドライビングシューズ 大阪城公園に花見に来ました >>