そろそろ、自作PCのパワーアップを..

c0008243_1716425.jpg我が家の自作PC初号機が完成してから早1年以上が経過しました。当初は既存パーツの流用・オークションで安く落札したパーツの活用をテーマとして取り組んできた初号機ですが、やはりCeleron 2.4GHzでは力不足を感じています。勿論、ネットサーフやオフィスソフトの利用には全く問題ないのですが、最近はiPod用の動画エンコーディングやDVDのリッピングが主な活用となってきており、明らかに遅いと実感できます。これらの重たい処理にはデュアルコアが向いているとは分かっていても、まだまだ高価である事から手が出せないですね。
PCプラスって番組をご存じですか?Act On BBってネット番組で放送されていますが(現在は過去の再放送のみです)自作派には楽しい番組です。私も以前は月1回の番組更新を楽しみに見ていました。この番組でもデュアルコアの特集が放送されていましたが、その威力は目を見張るものがありました。Intel系の場合にはマザーボードからメモリーまでデュアルコア用に買換えが必要なので更に予算が厳しくなりますが、AMD Athlon の場合Socket939のパーツ流用が可能らしい。これはいいかも!

c0008243_1742122.jpgIntel系のCPUは消費電力の多さ、熱問題など噂されていますが、AMD系はこの点でIntelに優位性を示していることもあり、以前から気になる存在でした。しかし自作初心者には敷居の高さを感じており、安易にCeleronを選択したのも事実です。いきなりデュアルコアを導入するのではなく、AMD Athlon 64で弐号を組みAthlon 64 X2デュアルコアの価格が下がってきた段階でCPUのみ載せ替えるって言うのはどうでしょうか?何時もながら最新CPUは10万円近く掛かってしまいますが、しばらくすれば値が落ち着いてくるのはこの業界の常ですからね。コストパフォーマンスを考えて今後のアウトラインを決めて行きたいと思います。
[PR]

by pc_fan1 | 2006-03-12 17:54 | 自作PC  

<< 東京出張 大阪 心斎橋で呑んできました >>