カテゴリ:自作PC( 20 )

 

自作参号機の夢

※ 自作初号機
※ 自作弐号機

 最近、自作PCへの欲求がふつふつと湧き出てきました。
最近CPU Core i7 に興味がある訳ではありません。(無いと言えば嘘になるか)最低限の構成で低電力・静音PCへの組上げに興味が湧いてきました。
きっかけはデスクトップ版Atom CPUの新製品が登場した事に遡ります。そうです、Atom D510 D410の登場です。このCPUはTDP(※)がそれぞれ13W , 10Wと異様に低い。これは消費電力に加え、発熱量が低い事を意味しておりCPUのファンレスが可能となります。

 これ以前にも同スペックでAtom 330 230が提供されておりCPU単体のTDP(※)はそれぞれ8W 4Wと新作より低いものでしたが、D510 D410の最大の特徴はノースブリッジ機能とグラフィック機能をCPU内に取込み、システム全体の消費電力を抑えている点にあります。
私が過去に自作したPCについてはオンボードグラフィック機能を利用せず、主に拡張ボードによるグラフィック機能の強化を図っておりましたが、PCでゲームをする訳でもなく、またGPUによる動画エンコードを期待する訳でもありませんからコア内蔵のグラフィック機能で十分でしょう。ちなみに内蔵されるグラフィック機能は以下の通りです。(一昔前の拡張グラフィックボードと比べても貧弱)

 ・Intel GMA 3150
 ・コアクロック  400MHz
 ・ビデオメモリ 最大256MB

※ TDP(Thermal Design Power):プロセッサーの設計上想定される最大放熱量

 AtomはCPU単体での販売ではなく、マザーボードに取付けての販売となります。現時点での候補はインテル製とASUS製の2製品です。

■ インテル D510MO ( Mini-ITX )
c0008243_22403458.jpg

 ・チップセット : NM10 Express
 ・CPU : Atom D510搭載
 ・メモリタイプ : DD2 800MHz/667MHZ(最大 4GB)
 ・SATA : 2ポート

 ・TSUKUMOネット価格 ¥7,980(本日時点)

■ ASUS AT5NM10-I( Mini-ITX )
c0008243_22452693.jpg

 ・基本仕様はインテルと同様

 ・TSUKUMOネット価格 ¥10,480(本日時点)

 ほぼ同じスペックなのですが、この価格差はどこにあるのか?後々評価するとしてその他パーツを考えて行きましょう。出費を大きくしたくはないので、自作 初号機をベースに組上げて行くことを想定してみます。
筐体、電源は初号機のものを流用し、メモリはDDR2/800 2GB × 2枚を購入します。

 ・TSUKUMOネット価格 ¥4,300程度 × 2 (本日時点)

HDDは1TB程度が手頃かつコストパフォマンスに優れていると思います。

 ・TSUKUMOネット価格 ¥7,000程度(本日時点)

 さてここで問題が1つ。自作初号機の光学ドライブはIDE接続です。今回のマザーボードにはSATAが2ポートありますが、勿論IDEはありません。そこでIDE →SATA変換ボードを探してみるとクレバリーから
変換アダプタ(CB-IDEBSATA-02)が¥980で販売されている事を発見しました。しかし、ネット上のレビューを色々検索してみると認識されない等うまく行かないケースもあるようです。どうせ¥980を出費して失敗する位ならSATA接続のDVDマルチドライブを新品で購入する方が賢明でしょう。最近は内蔵ドライブであれば¥2,500程度で購入できるようですから。

 さぁ、これでグランドデザインは出来上がりました。合計 ¥25,000程度の出費で自作初号機をAtomデュアルコアPCへ変身させる事ができます。省電力 かつ 静音PCとなる訳ですから自宅サーバーとして映像・音楽コンテンツを共有するのも悪くはないかもしれませんね。でも、これは夢ですから実現させるかどうか、お財布と相談してみます。4月発売予定のiPad用に出費を控える必要がありますので....。
[PR]

by pc_fan1 | 2010-03-06 22:53 | 自作PC  

弐号機のメモリ増設 HDD増設

c0008243_2025787.jpgc0008243_20252767.gif

CRエヴァの収益でまたまた衝動買です。
と言っても、メモリはいづれ2GBに増設する予定でしたので衝動でも無いか..。HDDについては弐号機の組上げ当初積んだ300GBがTVキャプチャーデータによって逼迫して来たため急遽、増設を決めた次第です。

 ・HDD   Seagate(Maxtor) 6V300F0 ¥9,409(税別)
 ・メモリ   UMAX DDR2(PC6400) 512MB ¥6,171(税別) × 2

メモリは弐号機の部品購入時より若干安くなっていますね。PC6400のメモリがこんな値段で買えるとは昨年では想像できませんでしたがPCパーツの値段は本当に生ものですね。

さて、メモリ増設による効果ですが画期的とまでは言えません。しかし、複数アプリを起動中に他アプリを起動した際は効果が感じられます。いづれVistaも導入する予定ですから今のうちに2GBに増設しておくのみ良いかもね。
[PR]

by pc_fan1 | 2007-03-03 20:41 | 自作PC  

自作PC 弐号機(パート6)

c0008243_2323485.jpgc0008243_2325163.jpg

DVDドライブを購入しました。当初は初号機からのパーツ流用と考えていたのですが、初号機も有効に活用したいので弐号機には真っ新のドライブを付けてやろうと思います。弐号機のパーツ選択にはWinPCの掲載内容をかなり参考にしましたが、DVDドライブについても2006/12月号のパーツジャーナルに掲載のIOデータ DVR-H12LEBに決定です。

【DVR-H12LEBの仕様】
 ・DVD-R 18倍速
 ・DVD-R DL 10倍速
 ・DVD-RAM 12倍速

 ・付属ソフト
  ・B's Recorder GOLD9 BASIC
  ・B's CLiP7
  ・QuickDrive LE for DVD/CD
付属ソフトは上記の3つですがULEADのDVD MovieWriter4やVideoStudio 9など8製品が優待販売で手に入れる事ができるようです。

使用感としては多のバルクドライブと違いがよく分かりませんがDVD-RAMが使えるようになったのは新鮮ですね。DVD-RAMについては特別なソフトが無くともWinXP上から普通にストレージとして認識されます。安価なメディアではかなり遅くなりますがチョットしたデータのバックアップにはDVD-RWより手軽に作業できるので便利ではないでしょうか。

DVDドライブと併せてBUFFALOの無線LANクライアントWLI-U2-KG54も一緒に購入しました。USB接続のコンパクトなアダプタですが実売価格 ¥2,700程度ですから初号機には丁度良いかもしれません。それにしてもアダプタも安くなってきましたね。無線LANが出始めの頃はクライアント子機だけで1万円近くも必要だったのが嘘のようです。
[PR]

by pc_fan1 | 2006-11-18 23:29 | 自作PC  

自作PC 弐号機(パート5)

c0008243_2213091.jpgさて、自作PC組上げも大詰めです。メモリスロットにメモリを装着。この辺りはオテノモノ....。DDR2 800MHzはintel 965からサポートされたのですから使わない手はないですね。今回はとりあえず1GBまでの装着ですが、しばらく様子を見て2GBまで目指したいと思います。

c0008243_2294375.jpgさて、ここまで組上げればケースからの配線をボードに接続し、導通確認です。HDDなどのドライブ類は導通確認に必要ありませんので、ビデオカードだけPCIスロットに接続し電源ON...。おおお、BIOS画面もちゃんと出ます。CPUもメモリも認識しているようです。

c0008243_22153454.gif後はドライブ類、ケースFAN類を接続しOSのインストール...。インストールには1時間弱程度でしょうか。各種ドライバーもインストールしマイコンピュータのプロパティで確認すると..
しっかりCore2 6400と表示されます。なんか..嬉しい!
さぁ、これから色々セッティングするぞ!

続きは後日...
[PR]

by pc_fan1 | 2006-11-02 22:19 | 自作PC  

自作PC 弐号機(パート4)

c0008243_21132046.jpg自作PC制作日記の続報です。まずはケースに電源を取り付けます。電源は...
KEIAN 静か/KST-420BKVです。WinPCの電源ランキングに静音性の高さと安定性で好評と紹介されていたのと¥5,000少しの金額が気に入り、 購入当確となりました。Core 2 Duoの場合、消費電力が低い事から420W程度の電源でも問題ないでしょう。

c0008243_21215851.jpg取り付けは非常に簡単です。電圧スイッチ(115V/230V)が正しい電圧(115V)になっているか確認にケースにセットして4個のネジで留めるだけです。電源なしケースを購入するのは初めてだったのでパーツが届くまで電源を取り付けることができるのか!?気になっていましたが、ひとまず安心...

c0008243_21323878.jpgケース内から見た電源の状態です。問題なくセットされていますね。ちなみに、コネクタとしては..
1.ATXメイン(20ピンと4ピン)1個
2.ATX 12V(4ピン)1個
3.PCI-EXPRESS(6ピン)1個
4.FDD(4ピン)1個
5.HDD(4ピン)6個
6.S-ATA(15ピン)2個   となります。
一般的なPCとしては全然問題ないですね。

c0008243_21392741.jpgそれでは、いよいよマザーボードにCPUをセットします。¥26,609もの出費で得たCORE 2 DUO E6400ですから一番の山場です。初号機ではCPUクーラー取り付けの際CPUのピンを曲げた経験があり、嫌な記憶が蘇ってきます。ソケット横レバーを慎重に外し、ソケットカバーを持ち上げます。(汗がボードに滴り落ちそうだぁ...)

c0008243_21475715.jpgCPUの両端を慎重に持ち、落とさないようにゆ・っ・く・り・とソケットの切り欠きとCPUを合わせます。この点、LGA775はSoket478と比べ分かり易いですね。LGA775は初体験のため緊張しましたが、以外と簡単に向きが判別できました。

c0008243_21544173.jpgソケットにCPUを載せました。この段階ではボードのピンとCPUが接触していないようです。ソケット横のレバーを倒し込むことで初めてピンとCPUが接触する構造になっているようです。切り欠きが合っていないとレバーを最後まで倒し込めないため、ピンやCPUを傷つけることが無いんですね。いや~、技術の進歩は人に優しくなってきましたね。

c0008243_2215342.jpgさぁ、最後の山場CPUクーラーの取り付けです。雑誌等の記事ではクーラーのピンをボードに押し込むと書いてありましたが、どの程度の力加減で押せばいいのか、ボードが割れないのか...またまた緊張します。でも、結果は意外と簡単でしたね。対角線のピンからパチ、・・・パチって感じです。ここで初めての失態がぁ...しまった!!!CPUファンの電源の位置を考えずにセットしちまった...。あぁぁあ...

続きは後日と言うことで....
[PR]

by pc_fan1 | 2006-10-26 22:07 | 自作PC  

自作PC 弐号機(パート3)

c0008243_17562113.jpgツクモネットショップに注文していた商品が到着しました。PCケース(ECA3052-BS)の在庫が無かったためメーカーからの納品に2週間程度かかるとの事で、待ち遠しい日々から解放されます。ケースって多くのメーカーから様々な製品が造られていますからショップも在庫を抱えていないんでしょうね。多の部品は店舗で探すことが多いのですが、PCケースだけはネットで検索して探すのがベストですね。もし気に入った製品が店舗にあれば購入前に事前チェックしましょう。
購入した弐号機の部品は以下の通りです。

1.CPU
  インテル CORE 2 DUO E6400( 2.13GHz/FSB 1066MHz L2キャッシュ2MB )
  ¥26,609(税別)

2.マザーボード
  ASUSTeK P5B( Intel P965+ICH8/4 DDR2(800/667/533 )
  ¥16,171(税別)

3.メモリ
  UMAX LODDR2-512-800( DDR2 PC6400-512MB )
  ¥8,076(税別) × 2枚 (交換保証 ¥1,000別途)

4.グラフィックボード
  玄人志向 GF7600GS-E256H/HS( PCI-ExpressX16 コアクロック400MHz )
  ¥11,100(税別)

5.PCケース
  ENERMAX製ミドルタワー ECA3052-BS
  ¥9,504(税別)

6.電源
  静か/KST-420BKV( ATX Ver2.03対応 出力定格420W )
  ¥5,219(税別)

7.HDD
  Maxtor 6V300F0( 300GB, シリアルATA 300, 7200rpm )
  ¥10,266(税別)

消費税込合計で¥100,823になりました。なお、DVD-RWドライブ、FDDは初号機より移植します。また、これを機にOEM版のWindows xp proを事前購入していましたので+¥25.000は実質費用として考えるべきですね。
しかぁ~し、自作PCって全然お得ではないですね。12万円強もあれば直販PCなんて普通に購入できますよね。それでも、パーツ交換によるグレードアップはクロックアップなど自作PCにはメーカー製に増して楽しい事も多いから止められない...。

組上げ詳細はまた後日と言うことで....
[PR]

by pc_fan1 | 2006-10-22 18:54 | 自作PC  

自作PC 弐号機(パート2)

c0008243_21302031.jpgPCケースについてはCoolergiantのCHAKRAシリーズにしました。初号期のケースは電源付で4,000円程度の安物ですがケースについては一生モノと考え、冷却性能やメンテナビリティにこだわりたかったので一番悩んだパーツでもあります。
このケースではサイドパネルに大型25cmのMonstarFanを備えている他、前面パネルはメッシュ構造になっており多量のエアーを取り込めそうですね。(音漏れが気になりますが)
ECA3052-BS ツクモ特価¥9,504(電源無)
[PR]

by pc_fan1 | 2006-10-19 21:40 | 自作PC  

自作PC 弐号機(パート1)

c0008243_2219174.jpgついに始動しました自作PC 弐号機計画!
今年の4月にCRエヴァンゲリオンで10万円弱の臨時収入を得、弐号機の創作を予告したにも関わらず、案の定あった言う間にパチンコで擦ってしまい、当分の自作は諦めていたのですが、またもやエヴァに助けられて20万円強の収入を得ることができました。パチンコは止められそうにありませんが、念願の自作PCパーツは一気に購入します。

まずはCPUを何にするかです。当初の私の計画ではSocket 939 Athlon 64を狙っていました。デュアルコアのX2ではなくシングルコアを購入し、X2の値が下がったあたりでCPUの載せ替えを..と考えていました。

その後、Pentuium Dの価格が下がってきたこともありTWO TOPのネットショップでPentium D 940 3.2GHzを¥23,980で購入しようと考えるまでになりました。しかし、その直後に考え直し、注文キャンセルして現在に至っております。

そして最終的にはCore 2 Duo E6400に決定致しました。 最新CPUはお買い得感が少なく今までの私は敬遠がちでしたが、そんな価値観を覆す程 魅力的なCPUですね。まず発熱量、消費電力を考えるとPentium Dではやはり躊躇します。現在利用の初号機はCeleron 2.4GHzですから非常に静かなPCに仕上がっています。サーバー機として1日中立ち上げていても気になりません。この条件を優先するとCore 2 DuoかAthlon 64が有力になってきます。更にPentium Dはデュアルコアとしては初期のCPUであり、どちらかと言うとデュアルCPUに限りなく近いアーキテクチャーと言えます。各コア毎に2次キャッシュを持っており、相互はMCHを介する必要があるなど、本格的なデュアルコアCPUを発表するまでの製品と言えるのではないでしょうか。

その点Core 2 Duoは2次キャッシュを共有し、かつ各コア間で動的に割り当てを変えるなど優れた点が目立つ製品となっています。また消費電力についても細やかな電力削減機能が備わっており大変満足いく製品と言えますね。

なおAthlon 64 X2についてはWindows XP SP2下でパフォーマンスが落ちる不具合が発表された事もあり、初心者としては少し腰が引けたので今回は候補から除外致しました。さぁ、Core 2 Duoで組上げる弐号機は如何なるパフォーマンスを見せてくれるのか非常に楽しみです。 詳細はパート2以降にて...
[PR]

by pc_fan1 | 2006-10-14 23:02 | 自作PC  

Sound Blaster 5.1を装着!

c0008243_18453333.jpgヤマダ電機LABI1なんばに行ってきました。3月10日のオープン日は多くの人手で混雑していたようですが、1ヶ月も経てば混雑も落ち着いてくるようです。先週購入したスピーカーの性能を引き出すためにサウンドカードを買いに来たのですが、品揃えはどうでしょうか?
店の雰囲気について感想を申しますと、ヨドバシ梅田やビッグカメラ難波と比べとる落ち着いた、小綺麗な雰囲気がします。また、人出は少ない事も私の感じ方に影響しているかもしれません。10:30頃の到着でしたが、ヨドバシ梅田なんて同じ時間帯でも大勢で賑わっていますよね。品揃えについてもヨドバシ梅田店の方が一枚上手と言ったところでしょうか...

さて、サウンドカードですがお目当てはSound Blaster Audigy Valueあたりを狙っていましたが、やはり自作パーツ関係は品揃えが悪いようです。日本橋のソフマップあたりに行くべきだったかなぁ...

c0008243_190547.jpgc0008243_1914531.jpg
とりあえず、Sound Blaster 5.1を¥1,980で購入しました。アナログ出力16bit/48kHz/5.1チャンネルとAudigy Valueに比べると若干性能が落ちるようですが、気に入らなければ買い換えれば良いわけですから、気軽に行きましょう。(その結果が無駄遣いスパイラルに陥るのですが)
PCIスロットにカードを差し込み、BIOS上でオンボードサウンド機能を無効にして、付属のCD-ROMでドライバー&ユーティリティをインストールすれば完了です。ロジクールZ4iに繋げてiTunesで音楽を聴いてみると...おお、以前の籠もった音質が改善されています。たった¥1,980の出費ですが結構いけますね。これは買って正解でした。しかし、Audigy Valueにするともっと音がいいのかなぁ。気になる..やっぱ欲しいなぁ...。
[PR]

by pc_fan1 | 2006-04-15 19:17 | 自作PC  

ロジクールZ4iでPCの音をグレードアップ

自作初号機、久々のグレードアップです。iTunesやSonic Stageで音楽を楽しむようになってから音質が気になっていました。以前まで使用していたスピーカーは10年近くも前に購入したGateWay GP-350にオマケとして付いていたものです。パソコンで音楽を楽しむなんて考えていなかったので当時は気になりませんでしたが、さすがにチープな音に感じます。せっかくパチンコで数万円も手に入れたのですから、何か形に残るものを買いたいと考え、スピーカーを購入するため梅田のヨドバシカメラに立ち寄ります。狙い目はCREATIVEのI-Tigure L3800です。予想価格¥14,800は少々痛いですが、買っちゃいましょう!

ヨドバシカメラB1の自作パーツコーナーにやって来ましたが、若干レイアウトが変わっているようですね。しかも自作パーツコーナーが縮小されて、端っこに追いやられるいる気がします。PCの低価格化、一般化に伴い自作派は少なくなって来ているのでしょうか?寂しい限りですね。
スピーカーコーナーには目的のI-Tigure L3800が置かれておらず、色々考えた結果、ロジクールのz4i ¥9,980に決定です。


c0008243_22503779.jpgc0008243_22504532.jpg

スピーカーの購入は以前から考えていましたのでソフマップ等で物色していた時にもこの製品は見たことがあります。iPodと接続してデモをしていましたがヨドバシカメラでも同様にデモしていました。デザインもすっきりしているし、価格も安い上iPod単体でも利用できるならと思い決定した訳です。(他製品でもできますけどね)

白を基調とした机にマッチし、いい感じで接続完了しましたが、どこか音がイマイチな気がしますね。やっぱりオンボードのサウンド機能ではこれが限界なんでしょうか?今度はサウンドカードの購入を検討せねば....。しかし、ここで出費が増えると自作弐号機の予算が無くなってくる!(困った....)
[PR]

by pc_fan1 | 2006-04-08 22:58 | 自作PC