カテゴリ:クルマ( 18 )

 

マイカー アリストS3000ベルテックス

c0008243_15222446.jpg

購入から既に10年以上経過しましたが、こまめに洗車し点検や車検も割高なディーラで行ってきた事もあり絶好調のアリストです。この「ホワイトパールクリスタルシャイン」カラーは洗車してあげると晴天の日には本当にピカピカに輝き高級感を漂わせてくれます。
c0008243_1531111.jpg

私は斜め後ろから見たアリストのサイドステップの形状が痺れるほど大好き。昔のトヨタ車って初代マジェスタもそうですが、泥よけと一体化したサイドステップが高級感を演出していましたよね。
c0008243_15362010.jpg

後部窓からCピラーにかけて流れるようにデザインされているところもいいですね。アリストは初代もそうですが従来の国産車とは違ったデザインが当時の車好きに受け入れられてきたと思います。
c0008243_15403171.jpg

c0008243_15404227.jpg

今の車では当たり前になっている自発光式メーター(オプティトロンメーター)も当時の私には憧れの装備でした。しかもホワイト発光ですから、よりスポーティに感じられる演出です。
c0008243_15443210.jpg

c0008243_15444037.jpg

新車購入から10年以上も経過すると、タイヤも交換する時期が当然訪れます。私の場合は走行距離がまだ6万キロを超えていない、超休日ドライバーですが既に2回目のタイヤ交換を行っています。このルマン4ですが本当に静かな乗り心地です。燃費も確かに若干ではありますが目に見える形でよくなっています。高速走行では静粛とまで言えませんが、町乗りでは本当にノイズが車内に入ってこないのでたいへん気持ちのよいドライブが楽しめますね。

以上、10年以上歳月を経た 愛車アリストを改めて見つめ直してみました。
[PR]

by pc_fan1 | 2014-03-16 15:53 | クルマ  

マイカーの思い出 平成4年購入 ホンダ ビガー

最近、投稿するイベントが無いため思い出ばかり辿っています。
3台目マイカーはホンダ ビガーです。既にビガーモデルは販売されていませんが、INSPIRE(インスパイア)はかろうじてモデルが残っていますね。
c0008243_1939380.jpg
c0008243_19391384.jpg

まずは自動車を取り巻く当時の歴史から..
自家乗用車は5ナンバー(小型自動車)、3ナンバー(普通自動車)などに分類できます。軽自動車などこれ以外にも区分はありますが、ここでは説明が長くなるので割愛させて頂きます。

 昭和の時代では3ナンバー乗用車は高級車でした。排気量が2,001ccを越える場合や車体の大きさが一定以上になると3ナンバー車となり自動車税などの維持費が5ナンバーに比べて格段に大きく、庶民には手が出ない代物であったと言えます。そのため自動車メーカーも2,000cc以下の小型乗用車を主力製品に据えて製造しており、その車種の上位グレードとして排気量2,800ccってクラスを提供していました。車体など殆どの部品が5ナンバーサイズを共用しているため、排気量は普通乗用車なのに車体サイズは小型乗用車と同じって訳です。

 ところで、昭和~平成に元号が移り変わった時代って...ご存じですよね。バブル全盛期です。お金が有り余っている成金の皆さんが3ナンバー車を購入したいのに、車体サイズが5ナンバーなんて我慢できるはずないですよね。そんな市場ニーズにメーカーが応え、3ナンバー専用車種やグレードが登場してきました。ニッサンのシーマや三菱のディアマンテが当時の代表と言えるかもしれません。また平成元年頃、自動車税が一部改正され3ナンバー車と5ナンバー車の維持費の差が縮小されました。これによって庶民でも3ナンバー車を手軽に手に入れる事ができるようになりました。

 そんな時代、ホンダも主力車種のインスパイアやビガーに3ナンバー専用グレードを設定して販売しました。俗に言う”ワイドボディ XXX”(ビガーなど車種が入)です。平成4年3月、何が無くディラーに立ち寄った私はセールスの甘いトークに負け、ビガーを購入したのです。
c0008243_20313953.jpg

このドアの厚み、見てください。ワイドボディ専用車は車体サイズが3ナンバーになったのですが居住空間は5ナンバー車と変りませんでした。サイズの大型化は主に安全部品を取り入れるために利用されたようです。(このドアの厚みの中に補強用部材が詰め込まれている)
c0008243_20362825.jpg

エアバッグなどは高級グレードのみ標準装備していたため、このグレード2.5Sには装備なし

車両本体価格は約260万円オプションや諸費用込で約290万円のお買い物でした。
c0008243_20422073.gif

[PR]

by pc_fan1 | 2010-02-17 20:44 | クルマ  

3回目の車検です。

c0008243_1020990.jpgc0008243_10202553.jpg

アリストを購入してから3回目の車検を受けました。早いものですね。今回も取引のあるディラーにて対応頂きました。
 ・車検、整備セット     ¥31,400
 ・車検代行手数料     ¥8,400
 ・法定費用          ¥73,970

上記に加え、主な交換部品としては...
 ・バッテリー         ¥21,000
 ・タイヤ4本          ¥78,750(1本分サービス)

総合計             ¥232,100   となりました。

さすがに3回目の車検ともなると、交換部品が多くなり金額が大きくなりますね。タイヤについては前回車検時にも購入を考えていたのですが、漸く今回で購入しました。
本命はレグノGR-9000です。静粛性で好評の一品ですが、兎に角高い!!オートバックスで見積もりした結果、11万円を超える金額になります。これから先、長く付き合う一品なので多少の出費は止む得ないと思いますが、車検の出費もあるため、ここは価格を抑えたタイヤに致します。

c0008243_1050064.jpg

GOOD YEAR EAGLE LS3000です。GOOD YEARタイヤの中でラグジュアリー分類になるものです。レグノの比べると約4万円の差が出ます。(この点、タイヤ1本分おまけして貰ったのでその差も大きいでしょうが)

乗ってみた感想としては..交換前のPOTENZA RE030に比べると確かに静かですね。ロードノイズが遮断されたような感じがします。比較的 車速が早くなり、荒れたアスファルトでは若干気になりますが、それでも前よりは静かになった気がします。これがレグノだったらもっと...
[PR]

by pc_fan1 | 2008-03-10 10:59 | クルマ  

車検の結果

c0008243_14104597.jpgc0008243_14105692.jpg

c0008243_14111425.jpgc0008243_14112336.jpg

車検の結果についてご報告いたします。
見積もり時は¥210,000強の金額でしたが、値引き交渉の末¥203,000で取引成立です。内訳としては大体こんな感じです。
 ・車検、整備セット     ¥32,130
 ・車検代行手数料     ¥12,600
 ・保証がつくしプラン    ¥32,550
 ・法定費用          ¥81,280
 ・リサイクル料金      ¥14,430
 ・Vベルト交換        ¥7,350
 ・クリアターンレンズ交換 ¥5,250
 ・ナビDVD          ¥13,125
その他交換で1万円と少々...って感じです。やはりディーラー車検は高めですね。整備代も高いけど、車検代行手数料ってのもバカにならない。車の整備状況には満足していますが、7年目以降の車検については考えようかなぁ...


c0008243_14141896.jpgc0008243_14142636.jpg

c0008243_1420630.jpgc0008243_14201698.jpg

アリストを購入する時に、これだけはオプションから外せないと拘ったのはEMV(エレクトロ・マルチ・ビジョン)です。最近の車には当たり前になりつつあるEMVですが、一昔前は高級車のステータスシンボルでしたね。当時からはオプション料も安くなっていましたが、それでも¥350,000程したように記憶しています。また旅行で退屈しないようにDVDプレイヤーも後から付けました。安く手に入れた物ですが重宝しています。
[PR]

by pc_fan1 | 2006-03-05 14:55 | クルマ  

車検に出しました。代車は「アベンシス」

c0008243_11201969.jpgc0008243_11205333.jpg

c0008243_11212350.jpg

本日からアリストくんは車検のためディーラーでお泊まりです。(寂しい...)
代わりと言っては何ですが、代車にアベンシスを用意していただきました。最近の代車にはナビもきっちりと装備されているようで、車検に出しても特に不自由なことは無いですね。アリストとの別居生活は少し寂しいですが、今日はコイツを転がして楽しみましょう。

アベンシスは欧州で生産されているそうで、コイツも一応逆輸入車だそうです。乗車前に説明を受けたのですが、シートの調整方法が国産車とは違う程度で大きな違いは無いようですね。

ドライブして感じた点としては、FF車の特性でしょうか?コーナーリングで若干の引っ掛かりを感じます。エンジンフィールとしてはATとのマッチングも良く、快適な加速が得られる車だと思います。室内の遮音性はアリストには及びませんが、アリストの前に乗っていたホンダのビガーが丁度こんな感じでしたね。全体的には良くできたクルマだと思います。
 (得点:☆☆★★★くらいかな...)
[PR]

by pc_fan1 | 2006-02-19 11:42 | クルマ  

車検の見積もり

愛車アリストも早2回目の車検を迎える事になりました。前回の車検時は約16万円ほどの出費になりましたが、さて今回は如何でしょうか?早速、いつものディーラーに出向き見積もりをお願いします。

まず、前回と違う点としては「保証がつくしプラン」に加入するか、どうかです。メーカーの保証には特別保証(エンジンやブレーキなど車の主要部分)と一般保証(オーディオやアエコンなど)があり、それぞれ新車購入から5年目、3年目までの保証となっています。「保証がつくしプラン」に加入すると両保証とも7年目まで延長されます。ディーラーでの車検時に加入できるプランですが、5年目時には特別保証が満了する時期なので結構高いんです。アリストの場合、¥32,550として見積書には計上されています。

続いて、2005年1月からスタートした自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金です。メーカーや車種によって預託金が違うのですが、アリストの場合、¥14,430と計上されています。法定費用と考えるべきでしょうが、結構キツイですね。

あとは、ディーラーによる点検費用が¥32,130と車検代行手数料が¥12,600として計上されていました。きっと近所の車検代行しているお店なんかと比べると高い値段設定なんでしょうね。でも車の状態をいつも最適にしていたいとのユーザー願望から言えばディーラー車検に出すのが、なんとなく安心できるので私の場合常にディーラーに出してきました。

交換部品はオルタネータ用Vベルト、エンジンオイル、エアコンフィルターなどが計上されています。これらは金額としては大した事ないのですが、安いものでも合算すれば家計に大きく響いてきます。なんと、総合計で¥204,828円也です。

さて、これからが勝負です。まずエンジンオイル交換、エアコンフィルター交換+エアコン洗浄は省いて貰います。両方とも最近交換したばかりですから。これで約¥12,000円の節約になります。「保証がつくしプラン」は悩みどころですが、奮発して加入しましょう。7年目までに何かが壊れてくれる事に期待しようと思います。(車好きとしては変な願望ですが、何もなければ自分の判断が悲しくなってきますから...)そして前から交換したかった最新ナビソフトDVDを計上して貰います。アリストが指し示すナビ上の地図は約6年前となっており、道なきマップ上を走る機会が多くなっていたので数年前から更新を考えていたのです。加えて、フェンダーのウインカーレンズをクリアレンズに交換したいと思います。両方の交換部品で約¥19,000のプラスになってしまいます。これでは、当初見積もり金額より更に¥7,000増えちゃいますね。
なんとか、これを限りなく¥200,000に近づくように電話で交渉しましょう!

c0008243_15471648.jpgところでタイヤの山もそろそろ少なくなって来ました。交換時期は近いと思い、近所のカーショップを見回って来ました。私の一押しはブリジストンのREGNO。アリストはジェントルに乗りこなすクルマである私は思っています。REGNO GR-8000は静粛性、乗り心地で高い評価を得ているタイヤですが、少々高価なところがイタイですね。現在のアリストはPOTENZA RE030を履いていますが、現在発売されているタイヤで一番近いのはPOTENZA RE050ではないでしょうか。グリップ力、排水性は申し分ないのですが、高速道路でのロードノイズが若干気になります。

c0008243_1558361.jpg
近所のタイヤ館で各タイヤの情報収集と見積もりを貰いに行ってきました。お店の人曰く、候補はREGNO GR-8000、TURANZA ER300、POTENZA RE050との事です。見積もり金額は3種類とも¥106,000ほどです。乗り心地で選択するなら迷わずREGNO GR-8000になりますが、排水性が若干今よりも悪くなります。現在のタイヤに文句が無いならPOTENZA RE050がベストでしょう。高速コーナリングも安心して攻めることが出来ますから。TURANZA ER300なら、その中間と言うところでしょうか。タイヤ交換も気になりますが、まずは車検ですね。しばらくしてからディーラーにもう一度電話交渉してみます。
[PR]

by pc_fan1 | 2006-02-05 16:10 | クルマ  

ETCマイレージを検証

c0008243_16332821.gifETCを取り付けて早数ヶ月..。ETCのメリットを考えてみました。料金所でノンストップっていうのは勿論ですが、高速道路の料金は安くなっているのでしょうか?
そこで今年の8月に3回ほど名古屋へ行った時の料金を現金とETCで比較してみます。高速(有料)道路は近畿自動車道(八尾~吹田)500円+名神自動車道(吹田~小牧)4,250円です。この料金は現金の場合ですから、3往復だと合計で28,500円になります。
さて、ETCでは...まず近畿自動車道ですが、22:00~6:00の通行の場合、50%オフになります。(早朝夜間割引)2回だけですが250円になりました。名神自動車道については0:00~4:00の通行で30%オフになります。(深夜割引)これも2回だけですが4,250円が3,000円になりました。この段階で現金と比べ3,000円安くなっています。

続いて本命のマイレージですが、これは以外とお得です。スーパーのポイントカードって言えば数万円の買い物で数百円の還元程度ですが、私も当初はあまり期待していませんでした。
■(東/中/西日本高速道路株式会社)の場合
 ・高速国道のご利用50円につき1ポイント
 ・一般有料道路のご利用100円につき1ポイント
 ・100ポイント : 200円還元
 ・200ポイント : 500円還元
 ・600ポイント : 2500円還元
 ・1000ポイント: 8000円還元
(なおH18年3末まではポイントが2倍になります)
c0008243_1773096.gif8月の高速利用だけで1050ポイントが付与されていました。期間限定の2倍ポイントによるものでしょうが9月20日には8,000円の利用権が付与されていました。純粋な割引ではありませんが、先の3,000円と合わせると11,000円も安いと考えることができます。3往復全ての利用を深夜にすると50%超 高速料金を安くすることも可能です。やっぱETCは正解でした。
[PR]

by pc_fan1 | 2005-10-02 17:16 | クルマ  

LEXUS GS350に試乗しました

c0008243_21494327.jpg以前から楽しみにしていたGS350の試乗にやって来ました。買えないのは分かっている事ですが、乗り心地だけは堪能したいと思います。心持ち緊張しながらLEXUS店に到着です。セールスレディ(*1)がお出迎えしてくれました。やはりLEXUSは服装も違いますね。試乗前にトイレに寄ったんですが、清潔感が恐ろしく高いです。またオーナーラウンジ(LEXUSオーナーは点検などの待ち時間をここで過ごせるんです)もチラッと覗いてみましたが、白の基調で統一されたホテルのラウンジのようです。う~ん、羨ましい!

c0008243_21574868.jpg試乗して感じたことは....。
1.ブレーキの効きが強烈(慣れないと車体がカクカク)
2.直進安定性が高い(手を軽く添えるだけでOK)
3.エンジンのレスポンスが気持ちいい
4.レザーシートは最高(座面から風がぁ...)
5.ロードノイズは気にならない   等々です
試乗にはお出迎えしてくれたセールスレディ(*1)の方が同乗してくれました(萌え..)

(*1)LEXUS店ではセールスコンサルタントといいます
[PR]

by pc_fan1 | 2005-09-24 21:49 | クルマ  

オイル交換しました

c0008243_21243831.jpg今日から3連休です。8月から所用で名古屋に行く機会が多かったこともあり、アリストのメンテナンスがそろそろ気になります。午前中にネッツ店で定期点検を終え、スーパーオートバックス布施でオイル交換をします。オイル交換だけはディーラーより量販店の方が選択肢も多いし、値段的にも安いですから....。約1年ぶりのオイル交換です。

c0008243_21342391.jpg前回交換は確か25000Km走行位でしたから6000kmぶりでもあります。これって横着し過ぎでしょうか?エンジンオイルは非常に重要だと思います。以前は部分合成油を使用していましたが(普通は皆さんそうですよね)、前回交換時から100%化学合成油を使用しています。値が張るのですが、サラサラ具合が高回転エンジンにはマッチし、エンジンが良く回るようです。今回は予算が厳しいためオートバックスオリジナルの油を選択しましたが、それでもエレメント込みで6000円強となりました。皆さん、オイルにはこだわりましょう!
[PR]

by pc_fan1 | 2005-09-23 21:24 | クルマ  

LEXUS GS350を見てきました

c0008243_153456.jpgLEXUS東大阪店にやって来ました。8月30日の全国一斉オープンが待ち遠しく、雑誌記事を通して楽しみにしていました。オープン当初は高級車が販売店に押し寄せて、異様な雰囲気を漂わせていましたよね。今日は連休ということもありディーラーは比較的空いているようなので初LEXUSを感じてみたいと思います。販売店の雰囲気は”スゴイ!”の一言です。カーディーラーというよりは高級ブランドショップ(行ったことないけど)って感じ。営業マン・ウーマンは随分と教育されているようでひと味違うって感じ。商談ブースも造りが全然違う上に、イスや机も高級感タップリ。ずっと座っていたいです。コーヒーと出してもらいましたが、それすら普通のディーラーと違って喫茶店の味って感じです。富裕層を相手に商売するからにはこれくらい当たり前なのか...。こんな事に感動する俺は間違いなく普通層です。

c0008243_15494260.jpgさて肝心のGSですが、全体的にはアリストより大きく感じます。全幅や全長はほんの少しだけ大きいらしいのですが、ボリューム感を受けますね。今日は試乗しませんでしたが、展示車のハンドルを左右に揺らして感じたイメージは「直進安定性が高そうだなぁ...」高速道路ではハンドルに手を添えるだけでクルージングできそうな気がします。内装では豪華な装備が目立つわけではありませんが、品の良さが漂っています。後席のレッグスペースは結構広いと思いますが、背の高い私にはヘッドスペースは狭く感じました。正直、欲しい....クルマですが本体価格だけで530万円は無理ですね。気分だけを味わいたいと思います。
[PR]

by pc_fan1 | 2005-09-19 15:59 | クルマ