<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

iPhone4は買い..なのだろうか

いつにiPhone4が発表されましたね。新しいガジェット好きの私ですが、今年の初めにiPhone3GSを購入したばかりでもあり悩ましいところです。iPhoneは2007年に初めてアメリカで発売され、毎年新モデルが投入されています(iPhone,iPhone3G,iPhone3GS,iPhone4)。順当に行けば来年も新モデルが投入さえる可能性があると言う事です。そんな状況の中、本当に今の私に必要なのか?お祭り騒ぎに流されず、考える必要がありますね。

まず、iOS4ですが6月21日になれば無償でOSアップデートが可能です。これによりマルチタスク機能の恩恵や新アプリ(iBooksなど)は手に入れる事ができるため新OS反映後で考えなければなりません。後はハード面での大きなメリットがあるか?と言う点ではCPUの強化、バッテリーの強化、カメラ機能強化、無線LAN機能強化など多々考慮点はあるものの、モバイル情報検索端末と考えた場合、現在の3GSでも困った点が在るわけでもないですからね。

アメリカでは16GBモデルが199$での販売との事ですが、ソフトバンクでは既存ユーザーへの販売価格が如何に設定されるのでしょうか?万が一、¥19,800で発売される事にでもなれば私の気持が大いに揺れる事になります。それ以上であれば、今年は「待ち」ですかね...。
[PR]

by pc_fan1 | 2010-06-08 23:48 | Mac/iPhone/iPad  

iPad 電子書籍化が活発に

iPadはiPhoneが大きくなったものではない。との評価をよく見ます。でも私の私見では「現時点ではiPhoneが大きくなった物」です。ソフト・サービスの充実なくハードだけでは画面の大きいiPhoneと言うしかありません。
iPadの登場により(登場前から)日本では、ある動きが活発化してきました。そうです、電子書籍化の動きです。アメリカでは著作物の権利が契約段階から包括的に行われているため、版元が書籍以外に電子化など進める事が自由であるのに対し、日本では書籍以外に著作物を利用しようとした場合、作者に再度お伺いをたてないといけないなど、権利処理の問題も大きく電子化が進まない理由となっています。その為、ネット常時接続PCやスマートフォンの普及などインフラが整っているにも拘わらず電子化が進んでいなかった( 勿論、流通経路を保護する意味も大きいでしょうが )。

だが、iPadの登場により漸く 日本でも出版業界や一部企業(ソニー等)で本格的に検討を始めようとしている。そんな腰の重い業界にテコ入れするかの如く、ソフトバンクさんは「ビューン」を提供して下さいました。これは日本版iBookstoreが実現するための大きな一歩と言えるかも知れませんね。

今回は現在、提供されている電子書籍アプリについて少しご紹介して行きたいと思います。まだまだ本格的とは言えませんがiPadの可用性が広がる(iPhoneの大画面ではない)ものと思います。

1.楽天チラよみ
c0008243_21305580.jpg
「ビューン」の画面によく似ていて驚きです。このアプリは電子書籍とは少し違うかも知れませんが、利用者に雑誌をチラ読みして貰い、楽天ストアへ誘導するためのアプリです。それでも雑誌によれば特集部分が十数ページに渡り立ち読みできますから、利用者にとっては楽しいアプリですね。同じようなアプリがiPhoneでも以前から提供されていました。「雑誌ONLINE」ってアプリですが、こちらも同じように雑誌の立ち読みができます。私も通勤途中の電車待ちでよく利用しています。
c0008243_21383527.jpg
読みたい雑誌を選んでみると気持ちいい位にスラスラとページが進んでくれます。(ビューンもサーバー増強後にはこれ位お願いします)iPadの大画面効果もあり記事も苦労なく読める内容となっています。面白い機能としては記事中の一部商品が楽天ストアへリンクされており、欲しい物がチラ読み中に買えちゃいます。

【 操作イメージ 】


2.MAGASTORE
c0008243_21482415.jpg

このアプリはiPhoneから既に提供されていましたね。iPad版が提供された事により紙媒体を読む事にかなり近づいたと言えるでしょう。このアプリではチラ読みではなく、電子書籍を購入します。(数ページチラ読みできます)内容は紙媒体と同じFULL版と一部記事を抜粋したLITE版があります。FULL版でも紙媒体に比べ、20%OFF程度で購入できますからお得なサービスと言えるでしょう。このサービスでは利用者が専用のアカウントを作ることで購入した雑誌をiPad,iPhone,PCで読む事ができます。寝転びながら雑誌を読みたいけど、iPadじゃ少し腕が疲れるって場合にはiPhoneで読む事ができるので有り難いですね。また記事内容はiPhoneやiPad内にキャッシュされます。Wi-Fi版iPadでもキャッシュが完了していればOFF-LINEで記事が読めますから屋外に持ち出して読む事が可能となります。(どの程度キャッシュされるのか検証していませんが)
c0008243_2265556.jpg
PC関係の雑誌はPCFanやMAC Fanが発売されているので私はよく利用しています。これで家の中に雑誌が溢れる事が少し解消されるので助かっています。FULL版は雑誌と記事内容が同じであるとご紹介しましたが、一部雑誌では広告や写真が一部分ブラックアウトしている物もあります。これはやはり権利処理の問題なんでしょうね。また紙媒体よりお得であるとご紹介しましたが、雑誌に付録されているオマケが付いていません。この点は十分に理解した上で購入が必要です。PC Fan等はよくハンドブックやPC周りのグッズがオマケに付いていますよね。それを考えると、もっと割り引いて欲しいのが本音ですけど。
[PR]

by pc_fan1 | 2010-06-02 22:14 | Mac/iPhone/iPad  

タリーズコーヒーでWIMAX

c0008243_16501978.gif
本日はTully's Coffee 淀屋橋店でモバイルしてきました。

ご覧の通り、USENスピードテストでは下り5Mbps以上が出ました。測定場所は喫煙席で行ったので店舗の奥側でしたが、それでも5Mbpsとは優秀ですね。Tully's Coffee 淀屋橋店では公衆無線LANサービスも施設されていますのでWIMAX契約が無くともモバイル接続は可能です。ドコモ公衆無線LANサービスも施設されているようなので今度試してみたいと思います。
[PR]

by pc_fan1 | 2010-06-02 17:03 | モバイル  

スタバでモバイル(UQ WIMAX)

c0008243_14281354.jpg
我が家のVAIO-XはオーナーメイドカスタムでUQ WIMAXを搭載しています。標準仕様の無線WAN(FOMA HIGH-SPEED)ではなく、UQ WIMAXを選択した理由は2つ。

1.FOMAを選択した場合、月額固定通信費が発生する。( そんなに毎日使わない )
2.下り最大通信速度が40Mbpsと高速( FOMAは7.2Mbps )

実際には40Mbpsなんて速度は出ませんが、上の写真では見難いですが4.185Mbpsが下り速度として表示されています( USENスピードテストで確認 )。このような回線速度テストはマシンの性能にも若干影響を受けるため、非力なAtom CPUのVAIO-Xでこれだけのスピードが出ている事は大変満足できるスピードと言えるでしょう。
但し、WIMAXの場合カバーエリアはドコモには到底太刀打ちできません。その点さえしっかり納得できればすばらしいサービスだと言えます。私の場合は月額課金にはせず、利用の都度1日利用を購入していますからお財布にも優しいです(¥600/24時間)

UQ WIMAXの基地局は現在、全国で7,000局以上が開局されているようです。ついこの間まではショッピングモールなど屋内のカフェでは電波が届いていませんでしたが、最近は大型の屋内施設にも対応されているようなので今回のようなスタバでの利用も可能となった訳です。

ちなみに現在、「WIMAXで動画体験キャンペーン」が実施されています。会員は数十種類の動画がストリーム配信で見放題(6月末まで)。よほど回線速度に自信があっての事でしょう。1日利用の私ですが、試してみたところ動画が見れました。動画を見るためだけでも¥600払ってもOKですね。( 下:新創人間キャシャーンOVA )
c0008243_1452945.jpg

[PR]

by pc_fan1 | 2010-06-01 14:55 | モバイル