GATE WAYを分解しました..

c0008243_13523571.jpg分解をはじめます....。これで、もう後戻りはできません。久しぶりにGP-350の筐体を空けてみました。デスクトップパソコンて言うのは20数万円しても、中身を見ると本当に安っぽく見えてしまいます。けっこうガラガラでしょ^ ^。でも、冷却性を考えると、部品がギッシリ詰まった状態では性能を十分に発揮できないので仕方ありません。今回の分解目的は自作PCに流用できる部品を見つけ、自作コストを極力下げることです。さて..数年前のPCから流用できる部品があるのでしょうか?....P C I スロットには拡張ボードが3枚も刺さっています。LANボード+サウンドカード+TVキャプチャーボード。最近のマザーボードにはLANコネクタが初めから付いているので、LANボードは不要です。次はサウンドカードです。Sound Blaster Live!を装着しています。当時、5千円程度で購入したものですが、コイツは自作PCに活用できるかもしれません。次にTVキャプチャーボードですが、これは絶対使えません。購入当時は3万円強もしたように記憶しておりますが、ソフトウエア エンコーディングで性能もチープです。予想通り流用できるパーツは少なそうですね。AGPスロットにはビデオボードを装着しています。GateWayはオンボードでサウンド機能、ビデオ機能が備わっているので本来はサウンドカードもビデオカードも必要ないのですが、強化目的で購入しました。デスクトップPCを持つことはパーツ交換による強化を楽しめるってことですから...。ビデオカードは当時として高価なカノープスのSPECTRA5400R2です。ビデオメモリーは32MBと最新機種では考えられないスペックですが、これも活用できるのであれば使ってあげたい...。
c0008243_13572764.jpg
次に電源を外しました。250W仕様ですが、これは多分使えません。マザーボードへの電源供給にはPentium用の4ピンが必要となるはずですが、当時の電源には備わっているハズもなく解決策を見つけるのも難しそうですから。続いて光学ドライブですが、CD-ROMドライブとCD-R+RWドライブ2基を搭載しています。近頃はDVD-R+RWがバルク品で8千円程度で購入できますから、しばらくの間はCD-R+RWドライブを流用し、後でDVDに交換するようにします。FDドライブは流用します。ハードディスクですが5GBでは話にならないので流用は諦めます。う~ん.....。自作PCに使えそうなパーツは、FDドライブ+IDEケーブル+筐体?くらいになりそうな気がしてきた。覚悟はしていたが、困った><。
[PR]

by pc_fan1 | 2004-12-10 13:53 | 自作PC  

<< マイカーです ついにプロジェクト進行開始です >>