CPUは"Celeron"を選択しました

c0008243_7572899.jpg自作PCレポートを長らくサボっていましたが、少しずつ状況をアップしたいと思います。(実は既に完成していますが)パーツ選びの重要なポイントでもあるCPUについてはマザーボードのチップセットを「Intel845G」にした都合上、ある程度限定されます。このチップセットで使える対象のCPUコアは「Willamette」、「Northwood」に限られるからです。「Willamette」はPentium4発売当初のコアであり現在は手に入れることが難しいから選択外。もちろん最新コアの「Prescott」は使用できませんので必然的に「Northwood」を選ぶことになります。

「Prescott」コアは消費電力が比較的高く、発熱量も増えるため大型ファンが必要となる等の理由からいまだに1世代前の「Northwood」は人気があるようです。しかし、Pentium4については「Prescott」への移行が進んでおり店頭で「Northwood」を購入することが難しくなってきています。Celeronについては「Northwood」が店頭で購入できそうですね。

Yahooオークションで「Northwood」コアのPentium4を調べたところ人気があるためか18,000前後の価格で落札されています。同じ周波数でもCeleronについては6~7,000円程度でしょうか?この価格差は大きいですね。価格にこれ程の差があるのに、性能面ではキャッシュサイズが違うだけでOSからはCeleronについてもPentium4として認識されています。それでも性能に差があるのかなぁ....

今回は予算的にも厳しいので、Celeron 2.40GHzをチョイスします。オークション落札金額と新品金額に大きな差が無いことからソフマップで7,600円(税込)で新品を購入しました。これでしばらく我慢して、オークションでの価格がこなれて来たらPentium4に移行したいと思います。
[PR]

by pc_fan1 | 2005-04-23 08:21 | 自作PC  

<< 今日は洗車日和です 免許更新に来ました... >>