auからスマフォ新ラインアップが発表されましたね

私の携帯キャリア経歴は「関西デジタルフォン」→「NTTドコモ」→「j-Phone・ボーダーフォン」→「NTTドコモ」と移り変わってきました。現在はiPhoneも持っていますので、ドコモとソフトバンクがメインのキャリアとなっています。

初めて手に入れた携帯電話を「関西デジタルフォン」にしたのは、特に理由がなく(ドコモ以外は差別化のポイントがなかった時代)比較的に維持費が安かっただけです。そこからドコモにキャリアを変更した理由はやはり「iモード」の存在が大きかった。携帯電話が電話としてのデバイスに止まらず、情報端末として飛躍した画期的な瞬間であり、凄い衝撃を受けた思い出があります。

しばらくすると各キャリアが当然のごとく携帯の情報端末化を図り、ドコモの優位性が薄らいできました。(王者であることは変わりありませんが)そんな折り、「写メール」なる機能がjPhoneでクローズアップされ、ドコモからjPhoneに乗り換えました。

そしてこの「写メール」も各キャリアが対応し、またまた差別化が難しくなってきた折、FOMAが登場した訳です。早速、飛びつきました。発売当初は2G回線との料金差が大きかった事もあり、手が出ませんでしたが、ドコモの900シリーズからFOMAもリーズナブルになってきた事で多くの方がドコモに乗り換えた時期ではないでしょうか。

よく考えると、各社で画期的なサービスが開始されると飛びついてきた訳ですね。それでも、ドコモの利用は10年近くを迎えようとしていますが、またまた私の気持ちを揺さぶる製品がauから発表されましたね。KDDIの携帯電話(過去のセルラーフォンも含め)を持った事はありませんが、今年発売さえたWimaxテサリング機能を持ったhtcの携帯は大きく気持ちが揺さぶられました。モバイラーの私としてはWiFiルータとスマートフォンが一台で賄えるなんて嬉すぎます。それでも、htc端末の魅力自体はそんなに大きく感じなかったので、なんとか気持ちを抑えることができました。

c0008243_2171077.jpg

しか~し、本日発表された新製品を見ると、Wimax搭載スマフォが4台もラインアップされているじゃありませんか。その中でも富士通製Arrows Zはいい。おさいふケータイ+ワンセグ+Wimaxと、てんこ盛り。(その他、赤外線通信など日本独自機能も有)これは絶対に欲しい。と言うか、各社からWimax機能を持つスマフォを発売して欲しい。でもこれは無理なんでしょうね。よく考えると、UQコミュニケーションの大株主にはKDDIが含まれているんですものね。

あ~悩む。10年継続したドコモも捨てがたいし、iPhone 5(仮称)も気になる。どうすれば良いのか...
[PR]

by pc_fan1 | 2011-09-26 21:15 | モバイル  

<< サンワサプライBluetoot... Sony Tablet(Sシリ... >>