車検の見積もり

愛車アリストも早2回目の車検を迎える事になりました。前回の車検時は約16万円ほどの出費になりましたが、さて今回は如何でしょうか?早速、いつものディーラーに出向き見積もりをお願いします。

まず、前回と違う点としては「保証がつくしプラン」に加入するか、どうかです。メーカーの保証には特別保証(エンジンやブレーキなど車の主要部分)と一般保証(オーディオやアエコンなど)があり、それぞれ新車購入から5年目、3年目までの保証となっています。「保証がつくしプラン」に加入すると両保証とも7年目まで延長されます。ディーラーでの車検時に加入できるプランですが、5年目時には特別保証が満了する時期なので結構高いんです。アリストの場合、¥32,550として見積書には計上されています。

続いて、2005年1月からスタートした自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金です。メーカーや車種によって預託金が違うのですが、アリストの場合、¥14,430と計上されています。法定費用と考えるべきでしょうが、結構キツイですね。

あとは、ディーラーによる点検費用が¥32,130と車検代行手数料が¥12,600として計上されていました。きっと近所の車検代行しているお店なんかと比べると高い値段設定なんでしょうね。でも車の状態をいつも最適にしていたいとのユーザー願望から言えばディーラー車検に出すのが、なんとなく安心できるので私の場合常にディーラーに出してきました。

交換部品はオルタネータ用Vベルト、エンジンオイル、エアコンフィルターなどが計上されています。これらは金額としては大した事ないのですが、安いものでも合算すれば家計に大きく響いてきます。なんと、総合計で¥204,828円也です。

さて、これからが勝負です。まずエンジンオイル交換、エアコンフィルター交換+エアコン洗浄は省いて貰います。両方とも最近交換したばかりですから。これで約¥12,000円の節約になります。「保証がつくしプラン」は悩みどころですが、奮発して加入しましょう。7年目までに何かが壊れてくれる事に期待しようと思います。(車好きとしては変な願望ですが、何もなければ自分の判断が悲しくなってきますから...)そして前から交換したかった最新ナビソフトDVDを計上して貰います。アリストが指し示すナビ上の地図は約6年前となっており、道なきマップ上を走る機会が多くなっていたので数年前から更新を考えていたのです。加えて、フェンダーのウインカーレンズをクリアレンズに交換したいと思います。両方の交換部品で約¥19,000のプラスになってしまいます。これでは、当初見積もり金額より更に¥7,000増えちゃいますね。
なんとか、これを限りなく¥200,000に近づくように電話で交渉しましょう!

c0008243_15471648.jpgところでタイヤの山もそろそろ少なくなって来ました。交換時期は近いと思い、近所のカーショップを見回って来ました。私の一押しはブリジストンのREGNO。アリストはジェントルに乗りこなすクルマである私は思っています。REGNO GR-8000は静粛性、乗り心地で高い評価を得ているタイヤですが、少々高価なところがイタイですね。現在のアリストはPOTENZA RE030を履いていますが、現在発売されているタイヤで一番近いのはPOTENZA RE050ではないでしょうか。グリップ力、排水性は申し分ないのですが、高速道路でのロードノイズが若干気になります。

c0008243_1558361.jpg
近所のタイヤ館で各タイヤの情報収集と見積もりを貰いに行ってきました。お店の人曰く、候補はREGNO GR-8000、TURANZA ER300、POTENZA RE050との事です。見積もり金額は3種類とも¥106,000ほどです。乗り心地で選択するなら迷わずREGNO GR-8000になりますが、排水性が若干今よりも悪くなります。現在のタイヤに文句が無いならPOTENZA RE050がベストでしょう。高速コーナリングも安心して攻めることが出来ますから。TURANZA ER300なら、その中間と言うところでしょうか。タイヤ交換も気になりますが、まずは車検ですね。しばらくしてからディーラーにもう一度電話交渉してみます。
[PR]

by pc_fan1 | 2006-02-05 16:10 | クルマ  

<< 奈良県立図書情報館に行ってきました 阪堺線で住吉大社へ >>