自作PC 弐号機(パート6)

c0008243_2323485.jpgc0008243_2325163.jpg

DVDドライブを購入しました。当初は初号機からのパーツ流用と考えていたのですが、初号機も有効に活用したいので弐号機には真っ新のドライブを付けてやろうと思います。弐号機のパーツ選択にはWinPCの掲載内容をかなり参考にしましたが、DVDドライブについても2006/12月号のパーツジャーナルに掲載のIOデータ DVR-H12LEBに決定です。

【DVR-H12LEBの仕様】
 ・DVD-R 18倍速
 ・DVD-R DL 10倍速
 ・DVD-RAM 12倍速

 ・付属ソフト
  ・B's Recorder GOLD9 BASIC
  ・B's CLiP7
  ・QuickDrive LE for DVD/CD
付属ソフトは上記の3つですがULEADのDVD MovieWriter4やVideoStudio 9など8製品が優待販売で手に入れる事ができるようです。

使用感としては多のバルクドライブと違いがよく分かりませんがDVD-RAMが使えるようになったのは新鮮ですね。DVD-RAMについては特別なソフトが無くともWinXP上から普通にストレージとして認識されます。安価なメディアではかなり遅くなりますがチョットしたデータのバックアップにはDVD-RWより手軽に作業できるので便利ではないでしょうか。

DVDドライブと併せてBUFFALOの無線LANクライアントWLI-U2-KG54も一緒に購入しました。USB接続のコンパクトなアダプタですが実売価格 ¥2,700程度ですから初号機には丁度良いかもしれません。それにしてもアダプタも安くなってきましたね。無線LANが出始めの頃はクライアント子機だけで1万円近くも必要だったのが嘘のようです。
[PR]

by pc_fan1 | 2006-11-18 23:29 | 自作PC  

<< リッジレーサー7 タイムアタック PS3 リッジレーサー7と... >>